Showing posts with label Quote. Show all posts
Showing posts with label Quote. Show all posts

Wednesday, August 17, 2016

Narendra Modi (ナレンドラ・モディ): AFP: インド首相、過去2年間でトイレ2000万か所を新設と発表

Narendra Modi

これほどの短期間で、インドの村々に2000万か所以上のトイレを設置した


Peter Maurer (ペーター・マウラー): AFP: 赤十字総裁、シリア・アレッポでの戦闘は「史上最悪レベル」

Peter Maurer

都市での戦闘において、現代で最も破滅的なものの一つであることは疑いようがない
 誰もが安全ではないし、安全な場所も存在しない。砲撃は絶え間なく続き、家も学校も病院もすべて攻撃を受けている。人々は恐怖を抱きながら生きている
子どもたちは傷を負っている。犠牲は計り知れない
戦闘による直接的な脅威に加え、水や電気といった必要不可欠なサービスが不足しており、基本的な医療を受けることも非常に困難な最大200万もの人々を、緊急かつ重大な危険にさらしている

Monday, February 9, 2015

Zenji Onishi (大西ゼンジ): Quote: Moderation (中庸)

世界の「表と裏」を、そして「生と死」を、あらゆる万物を、 中間地点(表現としてのポジとネガ変換点)に置き換える事によって 「どちらの方向も存在しうる」日本の伝統的「中庸」概念を ネガ/ポジが存在する写真をネガ反転した形態で表現している。 人間はその中央に存在し、どちらの方向にも「自分次第」で、もしくは「環境次第」で どのようにも変わることが出来る。また同じくどのようにも世界が変わる。 その「世界の変換点」を視覚表現として模索する。

作品“The shape “は、日本の自然をテーマに 「どのような精神状態で見るかで、世界が変わる」という事を、 「日本の伝統的輪郭」を精神の形「心の窓」として制作。

Kenji Goto (後藤健二): Quote: Involvement

Kenji Goto
参加するからこそわかる「アート」の楽しみ(ハラハラ、ドキドキ、ワクワク、すべての詰まった、時に媚薬的な)を志のある人たちと共有したいと思う。
世界の人たちと繋がる心地良さは、Japanではどうやったって感じられない。
(実に皮肉なことかもしれないが、今被災地の子どもたちは世界と繋がっているのだ。)

Sunday, February 8, 2015

Kenji Goto (後藤健二): Quote: Art

Kenji Goto
今、この国で Radio Active Art なんてのが出てきたとしたら…。 それはそれでメッセージ性のあるアート・プロジェクトではないだろうか。 そして、そのプロジェクトに「これこそアートだよ」と共鳴する人がコレクターとなる。 「アート」=「人間の生き様」。

Kenji Goto (後藤健二): Quote: Real Art

Kenji Goto
“本物”のアートには、ダークな想い出を過去のものにして希望を見いだしたり、優しい心、隣人を思う心を育む力がある。だから、クリエイティブと呼ばれるのでしょう。

Wednesday, December 3, 2014

Quote: Stephen Hawking

Stephen Hawking
What is it that breathes fire into the equations and makes a universe for them to describe?
Stephen Hawking

Tuesday, November 11, 2014

Quote: William Butler Yeats

William Butler Yeats
Be you still, be you still, trembling heart;
Remember the wisdom out of the old days:
Him who trembles before the flame and the flood,
And the winds that blow through the starry ways,
Let the starry winds and the flame and the flood
Cover over and hide, for he has no part
With the lonely, majestical multitude.
William Butler Yeats

Sunday, November 2, 2014

Pierre-Simon Laplace

Pierre-Simon Laplace
We may regard the present state of the universe as the effect of its past and the cause of its future. An intellect which at a certain moment would know all forces that set nature in motion, and all positions of all items of which nature is composed, if this intellect were also vast enough to submit these data to analysis, it would embrace in a single formula the movements of the greatest bodies of the universe and those of the tiniest atom; for such an intellect nothing would be uncertain and the future just like the past would be present before its eyes.